CBDはヘンプの主成分で、テトラヒドロカナビノールとカナビノール等の精神活性成分は全く入っていないため多幸感等を覚える作用はないです。

CBDには痙攣と不安神経症と炎症と嘔吐等の緩和作用と、がん細胞の成長の抑制等の抑制作用があります。更に近年の研究から統合失調症に対する非定型抗 精神病薬としての効果がある事が示されていて、2007年11月に公表された研究報告ではCBDが乳がんの悪性がん細胞を減らして浸襲性を軽減する事が明らかになっています。

毒性のない外因性の要因で攻撃的な腫瘍の活性低下に繋がる事を意味していて、CBDは神経保護作用のある抗酸化物質です。

Vapeでの使用でも同じ効果が得られるとの研究結果も出ていて、CBDリキッドについては厚生労働省も輸入や販売には問題がないと認めています。

近年の研究結果によって有効であると報告されているのは、ニキビとADHDとADDと中毒症とAIDSとAISDとアルツハイマー型認知症と神経性無欲症とパーキンソン病等、沢山の疾患に有効です。

これだけの疾患に対して研究されている成分はあまりなく、ハーブや漢方を上回る可能性がある超注目の天然サプリメントです。
医薬品と異なり、副作用も報告されていないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です