Smoking

日本と海外では医療ヘンプに対する認識が全く異なり、日本では大麻と聞くと麻薬と同じようなものであると認識が強過ぎます。中毒性も精神賦活性もない化学物質CBDにまで誤解が及んでしまっているが、海外ではCBDが安全なものなのかどうかしっかりと判断出来るように情報が広められています。

国や州によっては日本では一切が禁止されているTHCを含む医療大麻の使用が合法化されている所もあり、アメリカの一部の州やオランダでは合法化されています。それでも量の制限はあり、一定の条件下ではガンを招く可能性がある事が知られています。

CBDリキッドには違法な化学物質が含まれていなくて、日本でも違法ではない麻の茎と種子からCBD等を抽出して精製されたものを使っています。その効果や作用から民間療法に使えるオイルの1つとしても期待されていて、すでにヘンプオイル等は特段抵抗なく一般家庭でも利用されています。

ヘンプオイルは麻の種から抽出出来る油で、CBDがわずかであるが含まれているためその作用も少し期待出来ます。医学的にもCBDに十分な効果があるとは言えないが、中毒性はなく幻覚を見る事もなく精神賦活性もないためマイナスに働く事はないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です