Smoke

CBDリキッドだけではなく、どんなサプリメントでも健康食品でも過剰摂取は危険です。

CBDリキッドの場合は、神経系のこわばりや緊張を解してくれるが過剰摂取をすると緊張が解れ過ぎる恐れがあり眠気や過眠を招く可能性もあります。

また内因性カンナビノイドへ影響がある事から、血圧への影響や消化活動低下等も心配されます。過剰摂取出来る程気軽に摂取が出来るものではないため、摂取量は少なめにするように心掛けます。

CBDリキッドは1日に1滴から5滴の間で摂取量を調整して、効果が薄いからと沢山利用するのは避けます。国内で販売されているCBDリキッドも、CBD濃度が低くてもCBD以外の未発見や未研究の成分が含まれている可能性があります。

CBDリキッドには60種類から100種類近い成分が含まれていると言われていて、それらの成分がどのような効果を発揮するのかはまだ明確に分かっていないです。

その日の自身の体調や疲労度に応じて使用する量を、調整しながら利用していくのが理想的な使い方です。効果には個人差があるため、商品説明にある摂取量が多いと感じた場合は使用する滴数を減らします。CBDリキッドは体内ですぐに代謝しないで残留するため、毎日摂取すると少しずつ効果が実感しやすくなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です